看護師に派遣はあるのか?

差がつく看護師派遣の知識

差がつく看護師派遣の知識メインimage
派遣の看護師は「応援ナース」として人手不足の医療現場ではなくてはならない存在、実務経験者には高待遇がうれしい
看護師に派遣はあるのか?

看護師として仕事を始める際に、紹介予定派遣という制度を利用するところがあります。

基本的に看護師の派遣としての雇用形態は禁止されていますが、6か月の期間を限定して、その後入職することを前提として仕事をすることができます。

それがいわゆる紹介派遣ということになります。

実態は6か月の試用期間のようなものと考えていいでしょう。

紹介予定派遣で職場についた場合には、紹介予定派遣であることを明示されます。

看護師の紹介予定派遣は、実務経験がある程度ある人向けの求人です。

即戦力を求められます。

派遣会社によっては社会保険も完備されています。

パートで看護師として仕事をするよりも時間給が高額になるケースも少なくないです。

看護師さんの人手不足は良く言われるところですが、こうした派遣の看護師さんは「応援ナース」などと言われ、忙しい医療機関では必要不可欠な存在になっています。

看護師の資格がありある程度の経験もあるなら、パートで勤務するよりは月収も良くなるので、派遣でスポット的に仕事をする看護師さんも増えてます。

派遣として仕事に行くと言うことは、就業に関して不安や不都合があったら、派遣会社とやり取りをすることで、勤務先との間に入ってもらうことができます。

また、派遣先との折り合いがつかなければ、契約を更新しなければいいので、精神的なプレッシャーが少なくて済みます。

職場の雰囲気が合うかどうかわからないという時も、お試し期間を派遣で働くことで、その後の自分のキャリアを改めて考えることができるのが楽です。

Copyright 差がつく看護師派遣の知識 All Rights Reserved.